文字起こし技能テストは、文字起こし、テープ起こし、書き起こしなど、録音された音声を文字化する技能を測定します。

『音声起こし技能テスト(R)』は、スコア制です。

『音声起こし技能テスト(R)』は、スコア制です。

学習スタート時 目標レベル400点

まず400点を目指しましょう(話し言葉の基礎的な知識を身に付ける)
・音声起こしの学習をスタートした人。話し言葉を文字化する際のさまざまなルールを、一つひとつ覚えていくレベルです。

【勉強方法と受験のポイント】
・『音声起こし技能テスト 公式テキスト』をよく読み、知識編・実技編それぞれの解答方法を理解しましょう。
・表記のテキストを入手して、スタンダードな表記方法を覚えましょう。
・知識編は穴埋め問題がほとんどです。第1領域(聞き取り)と第6領域(音声起こしの知識)は比較的やさしい問題ですから、取りこぼさないようにしましょう。
・実技編は、「音声を時間内に最後まで起こし切る」ことを目標に、タイピングの練習をしましょう。

音声起こしの基礎を理解できた 目標レベル600点以上

600点以上(自分の仕事や生活に近い話題を、ある程度文字化できる)
・自分の仕事の一環として音声起こしをするなら実務で使えるレベルです。
・音声起こしのエキスパートとして仕事をする(専門会社にスタッフ登録するなど)には、まだ力不足です。

【勉強方法と受験のポイント】
・練習時は、分からない問題を飛ばさず、ネット検索などで調べる努力をしましょう。
・知識編では、第2領域(一般常識)対策として、ニュースなどで時事問題を知っておきましょう。第5領域(話し言葉の処理)の、重複表現やくだけた表現を整理するパターンを覚えましょう。
・実技編では、仕様書に慣れましょう。「?マークは使用不可と記載されているのに、うっかり使って減点」といったミスを避けましょう。

音声起こしのエキスパートとして仕事ができる 目標レベル800点以上

800点以上(知らない分野の音声でも調べながら文字化できる)
・音声起こしのエキスパートとして仕事をしたい人→専門会社の在宅スタッフ登録にチャレンジできるレベルです。積極的に採用のトライアルを受けてみましょう。
・現在、音声起こしのエキスパートとして仕事をしている人→実力を維持・確認する意味で、ぜひ連続満点を狙ってください。

【勉強方法と受験のポイント】
・ネット検索する際の検索ワードの選び方を工夫して、必要な情報にたどり着けるようにしましょう。
・表記は、漢字のほかに仮名遣いや外来語までできるだけ覚えましょう。
・知識編は、第3領域(言葉の知識)に、「話者が漢字の読みを間違えてしゃべっている」といった、判断を要する問題も出てきます。過去問題集の正解パターンなども参照しましょう。
・実技編は、聞き直して校正する時間的余裕を持てるよう、十分に練習しましょう。

Pocket