文字起こし技能テストは、文字起こし、テープ起こし、書き起こしなど、録音された音声を文字化する技能を測定します。

お問い合わせ・Q&A

お問い合わせフォーム

『文字起こし技能テスト(R)』に関するお問い合わせ・取材依頼等は、以下のフォームからお問合せください。

お名前 (必須)

フリガナ(必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

お問い合わせ内容 (必須)
教材についてテストの内容について開催日程について取材についてその他

メッセージ

Q&A よくあるご質問

文字起こし技能テストの申込方法に関して

Q.受験するにはどうしたらよいですか?

A.当ウェブサイト上のお申込みフォームよりご連絡ください。内容詳細についてメールにて返信いたします。※申し込み期間のみ申込みフォームを表示いたします。

Q.受験料はいくらかかりますか

A.受験料は 5,000円(税別)です。クレジットカード、銀行振込などでお支払いいただけます。

Q.海外在住ですが受験できますか?

A.オンラインで受験できますので、ネット環境が整っていれば海外からでも受験可能です。
ただ、試験当日は日本時間で行いますので、その点はご留意ください。

『文字起こし技能テスト(R)』に関して

Q.『文字起こし技能テスト(R)』とは、どんな試験ですか?

A.『文字起こし技能テスト(R)』は、話し言葉を理解し、正しく文字化する技能を計測するテストです。
私たちは普段、本当に大切なことは文書よりも対面の話し言葉で伝達しています。トーク内容を確実に理解し、適切に記録するテクニックは、社会のさまざまな場所で必要とされています。

Q.この試験を受けるとどんなメリットがありますか?

A.「文字起こしを仕事として受けるにあたり技術評価の証明となる」
「確実な議事録が作成できるようになる」
「会議やインタビュー、講演などを適確に文字に起こすことができるようになる」
「これまで難解と感じた話題が、聞き取りやすくなる」
「文字入力が速くなる」
など、さまざまな利点があります。学生からビジネスマン、仕事から、PTA、ボランティア活動まで、日本語を使用するすべての場において役立てることができます。

Q.この試験を受けると仕事に結びつきますか?

A.「文字起こしを仕事として受けるにあたり技術評価の証明となる」
社内での議事録作成や、講演会、取材などの音声を起こす際に、文字起こしの技能を学ぶことにより、飛躍的に作業を向上させることができます。
また、在宅ワーカーとして、文字起こしを本業としたい方は、実績が無い場合でも受注する際の実力証明として、得意先に提示することができます。既に文字起こしを業務として行っている方は、定期的に『文字起こし技能テスト』を受けることで、技能がアップしているかどうかを確認することができます。
この試験は合格不合格を決める形式ではなく点数制です。仕事をする際、発注者に「『文字起こし技能テスト』で何点取得しています」とお伝えください。
※試験運営者は、仕事の紹介・あっせん等は行っておりません。

Q.どうやって学習したらいいですか?

A.まずは公式テキストに取り組みましょう。
文字起こしには、「トークを整理した状態で文字化する仕様」や、「言い間違いや言いよどみまで全部文字化する仕様」など、さまざまな起こし方があります。これらの違いをマスターすることは、単に文字起こし技能テストで良い点を取るためだけではなく、実際に文字起こしをするときに役立ちます。

公式テキストで試験問題のポイントを理解したら、次に、公式問題集で数多く問題を解きましょう。ポイントをつかむと、短時間で解けるようになります。
また、文字起こしをするためにはさまざまな分野への知識が必要です。普段からニュースを聞き、新聞を読むようにしましょう。文字入力のスピードを付けることも大切です。

Q.文字起こしをしたことがないのですが、受験できますか?

A.可能です。まずは公式テキストで勉強しましょう。問題の解き方だけではなく、文字起こしについての知識全般も丁寧に解説しています。まずは400点を目指して学習をスタートし、点数アップを楽しんでください。

Q.文字・音声起こし(テープ起こし)という仕事の需要について教えてください

A.文字起こしは、マスコミや一般企業、官公庁や自治体で行われている仕事の一つです。さらに今では、PTAの役員会やマンション管理組合の総会など、地域の活動などでも記録の作成に文字起こしが使われるようになってきています。本来であれば、社員や地域活動のメンバーが自分で文字起こしを行い、記録を作成することが望ましいのですが、時間が足りない場合や、プロに任せたい場合などに、専門の文字起こし会社に発注されます。
あまり知られてはいませんが、発注先の文字起こし(テープ起こし)専門会社の在宅スタッフに登録し、自宅で文字起こしを生業としているワーカーは多数存在しています。すべての会話をテキストに変換してしまうアプリケーションが世の中に出回らない限り、文字起こしの需要はあります。

Q.タブレットしか持ってないのですが受験できますか?

A.文字起こし技能テストは、「音声を再生しながら、文字を入力し、分からない言葉をインターネット検索して調べる」というふうに、複数のアプリケーションソフトを同時に使いながら試験を行います。そのため、タブレットではなく、パソコンのご使用をおすすめします。

Pocket