文字起こし技能テストは、文字起こし、テープ起こし、書き起こしなど、録音された音声を文字化する技能を測定します。

お知らせ

メールマガジン ~オコシストの翼~ 文字起こし用再生ソフトとタイピング

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆文字起こし技能テスト  メールマガジン
◆◆◆           ~ オコシストの翼 ~
◆◆            http://mojiokoshi.org/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇Twitter◇◆◇https://twitter.com/mojimojiokoshi◇◆
皆さまのフォロー待ってます。
*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*

秋の虫の音が心地よく聞こえてくる季節になりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は廿さんに「文字起こし用再生ソフトとタイピングのスピードを上げるには?」
をお聞きしました。
技能向上の参考にしてください。

*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*

第5回「文字起こし技能テスト」のお申し込みは10月15日(日)まで!
今回が初めての方も、さらにスコアアップを狙う方も、奮ってご参加ください。

申込みページへ https://mojiokoshi.org/技能テストのお申込み/
※受験料(5000円(税別))は、クレジット支払いと、銀行振込をお選びいただけます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

第5回「文字起こし技能テスト」は下記の通り実施します。

申込み期間:2017年9月1日(金)~ 2017年10月15日(日)
      ※受験料納入締切10月17日(火)

■技能テスト日程: 2017年11月12日(日)
■受 験 費 用: 5,000円(税別)
■技能テスト時間: 午前10時30分~午後12時15分まで(エントリー、休憩15分を含む)
          「知識編」30分  「実技編」30分

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

★☆文字起こし技能テスト 教材☆★
全国の書店・オンライン書店等で発売中!!

皆さま、文字起こし技能テストへ向けて、ぜひご購入ください!

『文字起こし技能テスト 公式テキスト』
ISBN:978-4-9904934-5-5

『音声起こし技能テスト(R)過去問題集①』
ISBN-13: 978-4990493448

『音声起こし技能テスト(R)公式問題集』
ISBN-13: 978-4990493431

「文字起こし技能テスト」の教材について

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【オコシスト 廿さんに聞く!】

◆無料の文字起こし用再生ソフトはある?

文字起こし技能テストの公式テキストでは、文字起こし用の再生ソフトの一つとして、
Express Scribe(エクスプレス・スクライブ)のプロ版を紹介しています。
Express Scribeには無料版もありますが短期間しか使えず、自分のPCで問題なく動くと
確認できたらプロ版(有料)に移行することになります。
そこで、「有料のソフトを買いたくない。何か無料のソフトはないか」というご相談を
しばしば受けます。

文字起こし再生ソフトは、無料のものもいくつかあります。
ネット検索して探してみてください。
使いやすいソフトを探すのも、ネット検索のいい練習になります。

ただし、再生ソフトを『文字起こし技能テスト』を受けるためだけに使うのなら、MP3の
音声ファイル形式が再生できればOKかもしれませんが。
「副業・在宅ワークとして文字起こしをしたい」
「現在の仕事で文字起こしが必要になった」
それらの目的で勉強される方は、多くのファイル形式を再生できるExpress Scribeプロ版
などを導入されたほうがいいと思います。

「動画ファイルを起こす」という仕事も数多くあります。
画面を見ながら起こすほうが、音声だけ聞くより情報量が多くて便利です。
例えば出席者の多い会議などは、音声だけ聞いてもなかなか話者を特定できません。
動画を見れば、今誰が話しているかは一目瞭然です。

無料のソフトの多くは、2、3種類の音声ファイル形式しか再生できませんし、動画ファイル
にはほとんど対応していません。

◆タイピングのスピードを上げるには?

「実技編が時間内に起こしきれない! タイピングをスピードアップするには?」
というご質問をいただきました。

実は、文字起こしのタイピングで大事なのは「手を止めない」ことです。

「音声をちょっと聞く→音声を止める→そこまでをタイピングする→それからまた音声を
再生して…」という手順だと、時間がかかります。
音声を聞いている間や、音声の停止や再生の操作をしている間は、手が止まっているからです。

「音声を聞きながら、その1、2秒後ろをタイピングしてついていく」ことを「聞き打ち」と言います。
もちろん実際には、話す速さでは打てません。

タイピングが間に合わなくなったら音声をフットスイッチで、つまり足で止めて、直ちに
再度フットスイッチを踏みます。
その間も手は休まずタイピングを続けます。
文字起こし用の再生ソフトなら音声は数秒戻った位置から再生されますから、休まずタイピング
している間にちょうど続きの箇所に来ます。
そこからまた入力します。

音声の再生・停止をキーボードで行っても聞き打ちはできます。
ぜひ練習してみてください!

★廿さんも参加。オコソTwitterが面白い!
 テープ起こし・文字起こしの総合情報サイトokoso(オコソ)
 https://twitter.com/okosozukin

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
編集発行:一般社団法人文字起こし活用推進協議会 編集部
……………………………………………………………………………
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目6-7-3F
TEL:03-3478-0372 FAX:03-6421-3282
HP: http://mojiokoshi.org/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

Pocket