文字起こし技能テスト(R)は、文字起こし、音声起こし、テープ起こし、書き起こしなど、録音された音声を文字化する技能を評価するテストです。
第4回までは「音声起こし技能テスト」第5回から「文字起こし技能テスト」に変更いたしました。

お知らせ

メールマガジン ~オコシストの翼~ 第6回技能テスト申込締切直前/文字起こし在宅ワークの危機管理

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆文字起こし技能テスト  メールマガジン
◆◆◆           ~ オコシストの翼 ~
◆◆            http://mojiokoshi.org/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇Twitter◇◆◇https://twitter.com/mojimojiokoshi◇◆
皆さまのフォロー待ってます。
*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*

「第6回文字起こし技能テスト」のお申し込み締め切りが近づいてきました。
皆さま、お申し込み、お振込みのお忘れはありませんか?

今回は廿さんに「文字起こし在宅ワークの危機管理」をお聞きしました。
技能向上の参考にしてください。

*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*

「第6回文字起こし技能テスト」申込締切直前!!

お申し込み締切は 2018年4月15日(日)まで。
お振込み締切は  2018年4月17日(火)まで。

■技能テスト日程: 2018年5月20日(日)
■受 験 費 用: 5,000円(税別)
■技能テスト時間:
午前10時30分~午後12時15分まで(エントリー、休憩15分を含む)
          「知識編」30分  「実技編」30分

申込みページへ https://mojiokoshi.org/技能テストのお申込み/
※受験料(5000円(税別))は、クレジット支払いと、銀行振込をお選びいただけます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

▼文字起こし技能テスト体験談を掲載しました。

文字起こし技能テスト1000点満点中901点以上を取得すると
『文字起こし技能テストスペシャリスト』に認定されます。
スペシャリストの方々に文字起こし技能テストの体験談を語っていただきました。

文字起こし技能テスト体験談

————————————————————————–

▼文字起こし技能テストについて動画配信中

■試験前までの準備
 音声再生ソフト、試験データのダウンロード・保存方法ほか

■当日の流れ
 試験前10分で行う準備、解答・送信の仕方ほか

■受験ワンポイント
 スムーズな受験のために(イヤホン・時計の準備、WEB解答用紙の入力方法ほか)

文字起こし技能テスト(R)動画

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

★☆文字起こし技能テスト 教材☆★

▼Kindle版『文字起こし技能テスト公式問題集』が発売されました!

Kindle版 文字起こし技能テスト公式問題集 が発売されました

▼全国の書店・オンライン書店等で発売中

皆さま、文字起こし技能テストへ向けて、ぜひご購入ください。

『文字起こし技能テスト 公式テキスト』
ISBN:978-4-9904934-5-5

『音声起こし技能テスト(R)過去問題集①』
ISBN-13: 978-4990493448

『音声起こし技能テスト(R)公式問題集』
ISBN-13: 978-4990493431

「文字起こし技能テスト(R)」の教材について

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

★☆オコシスト廿さんの本 発売中☆★

書 名:『国語好きを活かして在宅ワーク・副業を始める 文字起こし&テープ起こし即戦力ドリル』
定 価:1700円+税
判 型:A5判
ページ数:140ページ
ISBN:978-4-9904934-6-2
発行日:2017年10月25日

Amazonサイト
https://www.amazon.co.jp/dp/499049346X/
丸善・ジュンク堂サイト
https://honto.jp/netstore/pd-book_28737320.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【オコシスト 廿さんに聞く!】

文字起こし在宅ワークの危機管理

在宅ワークのリスクマネジメントについて考えたことはありますか。
「リスクマネジメントというと危機管理、つまりBCP系の話?」
と思った方は、時事問題に強いですね。

BCPとは、災害やアクシデントに直面したときどう切り抜けて事業を継続するか、
企業や組織があらかじめ計画を立てておくという意味の言葉です。
地震、台風、大雪などで社員が出社できなくなったり、コンピュータウイルスで
自社のサーバーが正常に動かなくなったりしたら。
そんな場合を想定して、対策を立てておくわけです。

在宅ワーク(自営型テレワーク)の多くは自分だけが構成員ですから、
いざという時の備えは自分で考えておかなければなりません。

◆パソコンが壊れた
パソコンの不調はよくあることです。
修理に出しても、新品を購入してセッティングに着手しても、普通に仕事を再開できる
までに時間がかります。
文字起こし案件を受注しているときだったら、納期に間に合わないかもしれません。

対策:
1)予備のパソコンを用意しておく
2)データファイルをバックアップしておく

予備のパソコンがあれば、すぐそちらで作業の続きができます。
予備としてわざわざ新品を購入する必要はなく、買い換えるとき古いほうを取っておくとか、
非常時だけ家族のパソコンを借りるなどでもいいと思います。

作業中の音声ファイルやWordファイルは、バックアップしておきましょう。
バックアップ場所は、OneDriveやDropboxといったオンラインストレージ、またはUSBメモリ
などを使います。

◆パソコンがコンピュータウイルスに感染した
何らかのコンピュータウイルスにやられた場合の症状(?)は、いろいろあります。
変なウェブサイトが、何度閉じてもすぐ画面いっぱいに開いてしまうという状態を、
友人の家で見たことがあります。
これでは文字起こしどころではありません。

対策:
1)ウイルス対策のソフトウエアをインストールする
2)それがいつも最新の状態になるよう設定しておく

パソコンを購入すると、ウイルス対策ソフトの試用版が付いてくることがあります。
試用版は、最初の数カ月は新しいウイルスが出るたびに更新されますが、そのあとは
更新が止まってしまいます。
試用版のまま放置せず、きちんとお金を払って常時更新される状態にしましょう。
パソコンがウイルスに感染してからでは手に負えません。

◆連絡が取れない状態
知り合いの在宅ワーカー(女性)がある日倒れ、意識不明で病院に運ばれました。
この人は、市内の会社からデータ入力の仕事を請け負っており、その時もやりかけの
仕事を持っていました。

対策
1)本人が家族にクライアントの連絡先を教えておく
2)むしろ仕事先が、在宅ワーカーのアクシデント対策を考えておく

上記のケースでは、ご主人が奥さんの仕事先を知っていたので、直ちに連絡を取りました。
仕事先の社員が入力途中のデータを彼女のパソコンから回収し、他の在宅ワーカーに
入力の続きを発注して、納期に間に合わせました。

会社によっては、在宅ワーカーに対して「仕事に使うパソコンのパスワードは、家族にも
教えないこと」を求めます。
これは平時には有効ではあるものの、いざというとき誰もデータにアクセスできないことになります。
突然倒れるというと高齢者をイメージしがちですが、その女性は30代でした。

大震災なども、日本のどこでも起こり得ます。
命に別状なくても、停電やネットワークの途絶があればデータは送信できません。

私は現在、在宅スタッフに対して「仕事を持っているときは、作業途中のファイルを共用の
ネット上のサービスにバックアップ」をしてもらっています。
地震などが起きて連絡がつかない場合は、途中まで作業されたファイルをこちらで引き継ぐ
という想定です。

入院や大震災は極端なケースですが、「パソコンが壊れた」と「パソコンがコンピュータウイルス
に感染した」は、『文字起こし技能テスト』を受ける際にも起こり得ますね。
参考にしていただければと思います。

★廿さんも参加。オコソTwitterが面白い!
 テープ起こし・文字起こしの総合情報サイトokoso(オコソ)
 https://twitter.com/okosozukin

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
編集発行:一般社団法人文字起こし活用推進協議会 編集部
……………………………………………………………………………
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目6-7-3F
TEL:03-3478-0372 FAX:03-6421-3282
HP: http://mojiokoshi.org/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

Pocket