文字起こし技能テスト(R)は、文字起こし、音声起こし、テープ起こし、書き起こしなど、録音された音声を文字化する技能を評価するテストです。
第4回までは「音声起こし技能テスト」第5回から「文字起こし技能テスト」に変更いたしました。

お知らせ

メールマガジン~オコシストの翼~【文字起こし技能テスト】文字起こし技能テスト直前 受験のポイント

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆文字起こし技能テスト  メールマガジン
◆◆◆           ~ オコシストの翼 ~
◆◆            http://mojiokoshi.org/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇Twitter◇◆◇https://twitter.com/mojimojiokoshi◇◆
皆さまのフォロー待ってます。
*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*

長い10連休が明けましたが、みなさんはどう過ごされましたでしょうか。
4月から環境が変わった方にとっては、
緊張が続いた日々から離れて、リフレッシュできたかと思います。

さて、技能テストまで1か月を切りましたね。
今回は廿さんに「文字起こし技能テスト直前 受験のポイント」についてお聞きしました。
技能向上の参考にしてください。

*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*

★☆文字起こし技能テスト 得点アップ勉強会 直前募集☆★

明日5/9に文字起こし技能テスト 初めての一般初心者向けセミナー形式勉強会を開催します。
人数調整で若干お席をご用意が可能となりましたので、直前ではありますがご参加募集いたします!

技能テストまであと3週間を切りました。初めての受験の方は、不安もあるかと思います。
廿さんに直接質問できるチャンスです!
ワンコインでお気軽にご参加いただけます。

<内容>
・「持ち込み可の試験」、その利点を最大限に生かすには
・シビアな採点を突破するためのチェック方法
・表記テキストの活用方法
・講師へ質問タイム
 etc……

文字起こし技能テストを初めて受験される方はもちろん、数度目の受験で得点アップに励んでいる方にも、意外と知らない?!盛りだくさんの内容でお届けします。

◆日時:5月9日(木)12時30分開場 13時スタート 14時30分終了予定
◆場所:東京都新宿区新宿5丁目11-13 博雅ビル4F 403号室
◆募集人数:2~3名
◆参加料:500円(当日窓口にて承ります)
◆担当講師:文字起こし活用推進協議会 理事 山岸 里美
  
※セミナーで使用することはありませんが、パソコンの持ち込みは可能です。
その際インターネット環境(Wi-Fiルーターなど)は各自で確保願います。

◆お申し込み
 ginotest@mojiokoshi.org まで、
件名に「勉強会申し込み」、
本文に「お名前・メールアドレス・連絡先番号・あれば聞きたい質問(ただしテストの点数アップにかかわること」をお書きいただき本日5/8中にご連絡ください。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

★☆ドコモgaccoにて文字起こし講座 開講中☆★

人生100年時代に向けて、自分の働き方や生き方を見つめ直そう!
「これからの柔軟な働き方 ~文字起こしスキルを身につけよう~」講座
オンライン講座「gacco(ガッコ)」にて2019年4月24日(水)より2回目の開講中です。

本日15時より第3週の公開です!
ぜひ、皆さまのご受講をお待ちしています!

■受講受付:gacco(ガッコ)ホームページにて
https://lms.gacco.org/courses/course-v1:gacco+ga128+2019_04/about

■講座名 : これからの柔軟な働き方 ~文字起こしスキルを身につけよう~

■内 容 : 人生100年時代を楽しむためのスキルとして、「複業」「兼業」という
 キーワードを通じて、「文字起こし」というスキルを紹介します。
 第1週 文字起こしとは、文字起こしの意義
 第2週 文字起こしの表記と発話の処理
 第3週 文字起こしの技術
 第4週 文字起こしの仕事の流れとポイント

■学習期間: 4週間程度(週2-3時間程度)

 ↓↓受講方法・受講申込などはこちら↓↓
 https://lms.gacco.org/courses/course-v1:gacco+ga128+2019_01/about

==============================================================================

▼文字起こし技能テストについて動画配信中
 https://mojiokoshi.org/doga/

▼『文字起こし技能テスト(R) 公式テキスト』の音声版が「サピエ図書館」に収録されています
 サピエ https://sapie.or.jp/

▼全国の書店・オンライン書店等で発売中
『文字起こし技能テスト(R) 公式テキスト 改訂版』
 ISBN:978-4-9904934-7-9
『音声起こし技能テスト(R)過去問題集①』
 ISBN-13: 978-4990493448
 https://mojiokoshi.org/技能テストの教材/

▼Kindle版『文字起こし技能テスト公式問題集』
 https://mojiokoshi.org/2018/04/06/mondaisyu/

==============================================================================

★☆オコシスト廿さんの本 発売中☆★
書名:『国語好きを活かして在宅ワーク・副業を始める 文字起こし&テープ起こし即戦力ドリル』
 ISBN:978-4-9904934-6-2

Amazonサイト
 https://www.amazon.co.jp/dp/499049346X/
丸善・ジュンク堂サイト
 https://honto.jp/netstore/pd-book_28737320.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【オコシスト 廿さんに聞く!】

第8回の文字起こし技能テストが近づいてきました。
年2回の開催ですから、スタート以来丸4年たちます。
いい点を取っていただくコツが、事務局側でもつかめてきました。

最大のコツは、次の2点です!
・タイマーまたは目覚まし時計をセットする
・時間になったらすぐ解答を送信する

◆「タイマー」と「時間厳守」で0点を回避
これが対策?という感じですね。でも、とにかく0点を取らないことに尽きます。

送信タイムを見ると提出時刻を少々過ぎている。
そういう場合、採点結果はお送りしますが、
成績証明書には得点を記載できないのです。
(提出時刻遅れが知識編と実技編のどちらか片方であれば、
時間内に届いたほうの得点は、成績証明書に記載します)

採点してみるとスペシャリスト認定に近い高得点なのに……。
そういう方が過去にいらっしゃいました。本当にもったいない話です。
問題を解いていると、頻繁に時計を見る余裕は持てません。
必ずタイマーか目覚まし時計をセットして、音を鳴らしてください。

◆最後の5分は「問題を解く時間」ではない
準備時間の10分は、有効活用してください。
ファイルの解凍や氏名などの記入が終わったら、
問題を解き始めてもOKです。

これに対して、提出時刻の5分は問題を解いてはいけません。
「提出時刻のうち4分使って問題を解いて、最後の1分で送信しよう」という
作戦はおすすめできません。

土壇場でパソコンやインターネットの不調が起きたら取り返しがつかないからです。
試験時間が終わったら、すぐに解答を送信してください。
5分の余裕時間は、パソコンやインターネットの不調に
ご自身で対応するために設定されています。

ちなみに、解答が一斉に送信されてもサーバーの余裕は十分にあります。
インターネットの不調は、受験場所(ご家庭など)で
Wi-Fiが一瞬途切れたりする場合などに起こります。
できればWi-Fiよりは、ルーターとパソコンをケーブルで
つなぐことをおすすめしたいです。

文字起こし技能テストのウェブサイトでは、受験の注意点を動画で解説しています。
当日より前にぜひ見ておいてくださいね。

文字起こし技能テスト(R)動画

文字起こし技能テスト(R)動画


※特に「受験ワンポイント」が重要!

◆表記の決まりを確認しておこう
ある言葉を漢字で書くのか平仮名で書くのか。
その基準は、新聞表記の場合、次のようになっています。

『記者ハンドブック』の、
1)「用字用語集」の欄に掲載されている言葉は、その表記に従う。
2)「用字について」の【平仮名使用】欄に記載されている言葉は、その表記に従う。
  (形式名詞や補助動詞など)
3)これらに記載がない言葉は、「用字について」の【漢字使用】欄を参照する。

1)はその都度見る必要がありますが、2)と3)は事前に該当ページを読んで、
原則を覚えておけばほぼ大丈夫です。

速記表記の場合も、『標準用字用例辞典』の「本文」の欄に
掲載されていない言葉は「表記の基準」に記載された決まりを参照します。
『標準用字用例辞典』の場合は、
「本文」の欄に取り上げられている語が多いですし、
「表記の基準」のページが短くて理解しやすいので、表記は迷いにくいと思います。

◆実技編は、模擬試験問題を繰り返し練習
実技編は、30分で音声約5分ぶんを起こします。
音声の内容が簡単(←実務に比べれば)なため、仕事をスタートしている人なら
ポイントは「ケアレスミスをしない」に尽きますが、
学習中の人にとっては、音声の長さがかなりのハードルです。

聞き取りとタイピングだけでも苦労する上、次のようなことも
同時並行的に行う必要があります。
・知らない言葉をネット検索して調べる
・表記をテキストで確認する
・使える記号や言葉の整え方などを仕様書で確認する

セミナーなどで講師をすると、
「聞き取り+タイピングだけに専念して音声の最後まで起こし、
音声冒頭に戻ってネット検索して言葉を調べ、
また音声冒頭に戻って表記を調べて、
またまた音声冒頭に戻って言葉の整えなどを直して……
という順で作業していいか」という質問をしばしば受けます。

この方法は能率が悪いです。
今、上に書いただけでも長い作業ですよね。
同時並行して進めましょう。
公式テキストや問題集で、実技編の模擬試験問題を繰り返しやってみてください。
試験日前日まで練習すれば、同時並行の手順が身についてくると思います!

★廿さんも参加。オコソTwitterが面白い!
 テープ起こし・文字起こしの総合情報サイトokoso(オコソ)
 https://twitter.com/okosozukin

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
編集発行:一般社団法人文字起こし活用推進協議会 編集部
……………………………………………………………………………
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目6-7-3F
TEL:03-3478-0372 FAX:03-6421-3282
HP: http://mojiokoshi.org/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

Pocket