文字起こし技能テスト(R)は、文字起こし、音声起こし、テープ起こし、書き起こしなど、録音された音声を文字化する技能を評価するテストです。
第4回までは「音声起こし技能テスト」第5回から「文字起こし技能テスト」に変更いたしました。

お知らせ

メールマガジン~オコシストの翼~【文字起こし技能テスト】20年間文字起こしを続けているワケ

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆文字起こし技能テスト  メールマガジン
◆◆◆           ~ オコシストの翼 ~
◆◆            http://mojiokoshi.org/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇Twitter◇◆◇https://twitter.com/mojimojiokoshi◇◆
皆さまのフォロー&タグ付け待ってます。
ぜひ「#文字起こし技能テスト」でつぶやいてください!

*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*

こんにちは。
11/15開催 第11回文字起こし技能テストまで残り約1週間!
受験対策はみなさんいかがでしょうか。

本日は廿さんに、「廿さんが20年も文字起こしを続けている(続けられる)ワケ」についてお話いただきます。
技能向上の参考にしてください。

*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*———-*

第11回「文字起こし技能テスト」の受付は終了いたしました。
お申し込みいただきありがとうございました。
次回技能テストは、下記の通り実施予定です。
定期的な受験で確実にスコアアップしましょう!

第12回「文字起こし技能テスト」
日程:2021年5月23日(日)

申込開始時期など、詳細は次号にてお知らせいたします。

==============================================================================

◆文字起こし技能テストワンポイントを動画でご紹介!
 https://mojiokoshi.org/doga/

・試験前までの準備
 音声再生ソフト、試験データのダウンロード・保存方法ほか

・当日の流れ
 試験前10分で行う準備、解答・送信の仕方ほか

・受験ワンポイント
 スムーズな受験のために(イヤホン・時計の準備、WEB解答用紙の入力方法ほか)

==============================================================================

▼文字起こし技能テスト体験談掲載中
 https://mojiokoshi.org/文字起こし技能テスト体験談/

==============================================================================

▼『文字起こし技能テスト(R) 公式テキスト』の音声版が「サピエ図書館」に収録されました

 サピエ https://sapie.or.jp/

▼全国の書店・オンライン書店等で発売中

『文字起こし技能テスト(R) 公式テキスト 改訂版』
 ISBN:978-4-9904934-7-9

『音声起こし技能テスト(R)過去問題集①』
 ISBN-13: 978-4990493448

 https://mojiokoshi.org/技能テストの教材/

▼Kindle版『文字起こし技能テスト公式問題集』

 https://mojiokoshi.org/2018/04/06/mondaisyu/

==============================================================================

【オコシスト 廿さんに聞く!】

メルマガ担当のスタッフから不思議な質問を受けました。
「20年も文字起こしを続けている(続けられる)理由は?」
個人事業者として10年、現在の会社で勤続12年目。たしかに20年を超えています。
続いている理由のご紹介は、文字起こしという仕事のご紹介につながるかもしれません。

◆うっかりタイプでも大丈夫
昔、NHK紅白歌合戦の司会者が、曲名「仮面舞踏会」を「仮面ライダー」と紹介するというハプニングがありました。
やり直しが利かないわけですから、生放送は恐ろしいですね。
しかも30年以上もこうして語り継がれてしまうという……。

その点、文字起こしは一発勝負ではなく、納品までは何度でも原稿を修正できます。
日本語変換システムは直前に入力した単語を覚えているため、「仮面ライダー」と入力した後だと「かめん」と打ったあたりで「仮面ライダー」が変換候補に出てきます。
うっかりそのまま確定してしまうことはありそうです。
けれども直ちに「仮面舞踏会」に直せば、もしくは校正時点で見つけて直せば、誰にも知られませんし誰にも迷惑をかけません。

直すチャンスがあるという面がうっかりな私に向いていて、それで長続きしているのかもしれません。

◆ネット検索が得意なら大丈夫
20年以上ということは、これまでに聞いたトーク音声の合計は何時間分になるのか、とにかく頭の中が知識の宝庫になっていそうなものですが。
残念ながら私には暗記力がないので、起こしたトークの詳細は覚えていません。

でも音声を聞いたときに、録音状態が悪くて明確には聞き取れなくても「ここに入る言葉は過去の音声に出てきた」という漠然としたイメージはあります。
「こういう言葉でネット検索すると、ここに当てはまる言葉がヒットするはず」という一種の分類も頭の中にあって、ネット検索して見つけることができます。
変な状態ですね、うまく説明できませんが。

インターネットの普及前は、常時参照できるテキストは国語辞典、英和辞典、地図帳ぐらいだったのではと思います。
その時代は「一度出てきた言葉を忘れない力」もしくは「整然と記録しておく習慣」が必要だったかもしれません。
簡単にネット検索できる現在だからこそ、私でも続いているのかもしれません。

◆話者と一緒にしゃべってみる力
うっかりだし暗記力もないから、それらが不要な文字起こしという仕事にしがみついている。
……という結論になってしまうと寂しいですね。
私にはこういう長所があって、それを文字起こしに生かしているから長続きしているんです!という話、何かないかな。

学校の国語は、わりといい成績でした。
それともう一つ、これはあまり書いたり言ったりしたことがないのですが、私の文字起こしを支えるスキルの一部は演劇力かもと感じることがあります。

20代のころ、アマチュア劇団の裏方を7年間していました。
「どのように声を使い、どのようにせりふを言うか」、それは役者本人のキャラと演じる役柄によってさまざまですが、そのイメージ(これも体系だった知識ではなく)が蓄積されたようです。

文字起こしをしていて聞き取れない言葉があるとき、私はその部分を話者と同じ速度、滑舌、息の使い方で、一緒にしゃべってみることがあります。
また、話者と同じ光景を見て(←抽象的ですが)、同じ光景を相手に伝えようとすると(←抽象的ですが!)、入っている言葉が分かることがあります。

◆短所をカバーできれば長続きする
私ももともとは「子供が小さいので自宅でできる仕事を探した」という、当時よくあった動機です。
けれども、文字起こしは仕事量が季節によって変動したり、極度に専門的な案件が続いたり、録音状態の悪い案件や資料が皆無の案件などもあるため、結局は好きでないと続きません。
自分の短所に毎日直面していたら好きになれないでしょうから、短所を補い長所を生かすコツをつかんだことが長続きしている理由かもしれません。

暗記力がなければネット検索力を磨けばいいし、暗記力があって別の何かが足りない人は暗記力を伸ばせば補えます。
演劇に関わった経験がなくても、「話者と同じ速度、滑舌、息の使い方で、一緒にしゃべる」「話者と同じ光景を見て、同じ光景を相手に伝えようとする」と読んだだけで、「あっ、そうか」と活用できる人もいると思います。

自分の持っている特質を生かして、人それぞれに長く取り組んでいける仕事です。
来週の第11回文字起こし技能テスト、頑張ってください!

★廿さん新刊!
『独学で身につく文字起こしスキルアップ問題集』
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4990493486/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_HwxFFbCGGF8T7
ジュンク堂:https://honto.jp/netstore/pd-book_30556894.html?cid=ip_sns_mail

★廿さんも参加。オコソTwitterが面白い!
 テープ起こし・文字起こしの総合情報サイトokoso(オコソ)
 https://twitter.com/okosozukin

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
編集発行:一般社団法人文字起こし活用推進協議会 編集部
……………………………………………………………………………
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-14-16 PILE KUDAN 5階
TEL:03-3478-0372 FAX:03-6869-7666
HP: http://mojiokoshi.org/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

Pocket